今や、なんでも話せる友人

以前働いていた職場での事なのですが、会社の懇親会で他部署でしたが仲良くなった男性がいて、そのまま付き合うようになりました。

元カノが同僚として同じ職場にいるという話は聞いていて、私が働き始める前に彼女からふられる形で別れていたと言う事だったのであまり気にはしていなかったのですが、彼女もいい気はしないだろうと、公にせず付き合っていました。職場からちょっと離れたお店で待ち合わせをして、デートをして帰ることも良くありました。

それを見た人が噂にでもしていたのでしょうか。ある日彼の元カノにトイレでばったり出くわした際に付き合ってるのかと唐突に聞かれました。その時の私と彼女の部署が隣で、仕事上で絡むこともあるような部署同士ではあったのですが、実際に彼女と話したのはその時が2~3回目といった所でした。

下手に隠してこじれるのも嫌だなと思い、今付き合っていることを簡単に話しました。そして、彼女と昔付き合っていたことも聞いていると言うことも話しました。彼女は、「そう」とだけ言って帰って行きました。しかし、この行動が彼女の逆鱗に触れてしまっていたようでした。

その日から彼女は私を無視するようになりました。といっても、部署は別ですので挨拶を無視するのや明らかに私を見ると嫌な顔をするくらいで大した実害はなかったので、私もあまり気にしないようにし、できるだけおとなしくしていました。彼が1度軽く注意をしたのですが余計に機嫌を損ねてしまい、油を注ぐだけになるのでそれ以上は辞めてもらいました。

そんなこんなで1年ほど経った頃に、彼女の部署で人が足りないとなり、1日だけ私が駆り出されることになったのです。ほぼ絡みはありませんでしたが、一度だけ業務に支障が出そうになるような態度を取られてしまいました。挨拶の無視なんて平気だが、仕事に支障を出すようなことは許せなかったので、初めて彼女を呼び出して話をしました。

私以外の人には親切で明るく人当たりもいいのを見ていたので、話せば分かる人だと思っての行動でしたが、結果は大成功で、その後は普通に接してくれるようになりました。今よりこじれることもないと思い言いたいこと全部言ったら、向こうもただ私が嫌だったと洗いざらい話してくれ、無事に解決することが出来ました。彼女とは今や、なんでも話せる友人の一人です。

最後は素直に謝るのが一番

僕は学校とか会社など集団行動していると素直になれないというか、
結構ツンツンしていて、もめごとをよく起こします。

別にもめたくないのではないのですが、
ちょっとした言葉の言い違いで相手を怒らせてしまったり
傷を付けてしまったりすることがあります。

その都度、凄く後悔するのですが、
一度起こしてしまったトラブルに関しては取り戻せませんので、
その都度どうやって仲直りするのかをよく考えます。

仲直りの時には僕がいつも折れるようにはしています。
ただ、ほとんどの場合、誰かづたいにしています。

やっぱり一対一の状態だと相手の怒りが収まっていなかったりすると
返って逆効果だったりするじゃないですか。
相手がイライラしている時に自分が謝っても、
相手が更に何か言ってきたらこっちもそれに怒ってしまうというか。

それはマイナスなので、
共通の仲のいい人に間に入ってもらうようにしています。

第三者が入った方が客観的なアドバイスなども
もらえることがありますからね。
あと、謝りたいのになかなか謝れない、
だけど悪いと思っているって気持ちが伝わるのがいいのかも。

それでも一回お詫びの気持ちを伝えてもらっても、
すぐに相手の怒りがおさまらないので、
ぎくしゃくしたままだったりします。

そうなった時に自分で素直に相手に謝ります。
一対一の状況で頭を下げます。
これで大体許してくれます。
時間を少し空いているので、
大分相手も怒りが冷めているのもあるかもしれませんが、
やっぱりはっきり「あの時はごめん」って言うのが一番いいんですよね。
シンプルでいいと思います。

恋人がいない同僚の嫉妬

ある日、何と彼女が笑顔で話しかけてきたのです。
チョコをくれました。
びっくりしたのですが、その夜の飲み会で、
「恋人がいるんですけど、同棲してくれないんですよ~」
と酔った勢いで絡んでいるではありませんか。

さらに、同僚が私に「もう安心ですね」と言ってくれ、
先日のレディの謎が解けたのです。

実は私には長い付合いの恋人がいるのですが、
彼女はそのことが羨ましかったと!

そして、自分には最近できたものの、
嬉しいので大げさに、恋人がいます感を
アピールしているのだということでした。

レディは、本当に面倒です。
女性関係でお困りの方は、
ぜひぜひ相手に恋人を作ってあげてください。

それか、恋人の存在をしられないようにするのがいいかもしれませんよ。
それでいじめも終わるかも知れません(笑)

レディーって?会社の女性同僚の酷い態度

私は職場の人間関係に悩んでいました。
相手は、私と同年齢の女の子ですが、職場では2年先輩です。

私は彼女のことを以前から見かけたことはあるものの、
特に話したこともないし、
あいさつもしたことのない間がらでした。

初めてあった時には、一応あいさつをし、
話はしたのですが・・・
その後の、仕事での私への当たりようがひどいのです。

どのようにひどいかというと、
プロジェクトの起案の文章が、数字がすべて半角になっている、
と大きな声で怒鳴るのです。

さらには自分も小さなミスを重ねているにもかかわらず、
私が少し注意して返すと、すごく嫌な顔をします。
そして、机を立って、いつの間にかいなくなり帰ってこないんです。
とにかく、面倒ったらないのです。

そこで、職場の方々にも相談したのですが、
彼女たちは見てて、やはりひどいと感じてくれていたみたい。
アドバイスとして「彼女は、レディの中のレディだからね」
と言ってくれたんです。
このとき、私にはこの意味が全くわからなかったのですが、
あとあとわかるようになります。

良好な人間関係を築くポイント

今まで様々な職場で働いてきましたが、
若いころはほとんど人間関係がうまくいかず仕事を辞めてきました。

当時は
「あの人さえいなければ・・」
「あの人が悪いんだ」と、
仕事を辞めるのを他人のせいにしていましたが、
ふと
「こんなに人間関係に悩んで転職を繰り返すのは、
もしかして自分に原因があるのではないか?」
と思うようになりました。

思い返せば、私は他人に心を開かず、
嫌われるのが怖くて言いたいことを言えない代わりに、
陰で他人の悪口を言い、他人のアラ探しばかりをしていました。

これでは他人とうまくいくはずがありません。
このままではいけないと、
社会に出て7年以上経ってからやっと
人間関係は自分の心次第なのだ、と気づきました。

人間関係がうまくいくように、
以下の点を心がけてきました。

(1)他人の陰口を言わない。

いくらうわべでは仲良くしているつもりでも、
心で思っていることはなぜか相手に伝わってしまうと思います。
どんなに苦手な人でも、陰口を言うのをやめ、
良いところを見つけるようにして接すると、
今まではそのまま口も聞かなくなるような相手でも、
相手から嫌われるようなこともなく、
当たり障りなく上手にお付き合いができるようになりました。

(2)会話で「でも」「いや」「だから」など、
なるべく人の意見を否定する言葉を使わない。

誰でも自分の意見を否定されると良い気はしないと思います。
自分と他人は価値観が違って当たり前だと考えるようになってから、
相手の意見をいったん受け止めてから、
自分の意見も言えるようになりました。

(3)よく笑う。

人間関係がうまくいっていなかった頃は、
ほとんどの人に対して、ぶすっとした表情で会話していました。
自分だったらそんな人と仲良くなりたいと思わないのに。
いつも笑顔の人は自然とまわりに人が集まることに気づいてからは、
いつも笑顔でいるように心がけています。

他にもたくさんコツがあると思いますが、
これらを意識するだけでも、
格段に人間関係が良好になると思います。
おかげで、今の職場の在職期間は過去最高記録を更新しています(笑)

こちらが変わればご近所さんも変わる

私は、引っ越しを3回ほどしました。

1回は家族の関係でやむを得ずに。
もう1回は、ご近所さんとのトラブルでした。

最初は意気込んで、
隣近所に挨拶をして回りました。

その時は妊娠をしていました。
最初はお隣さんに声をかけられると、
具合が悪くても合わせて出ていたのですが、
1度具合が悪い時があり、出られない時がありました。

するとそれが気に入らなかったらしく、
無視をされたり悪口を言い触らされたり…。
物凄い嫌な思いをして引っ越しました。

だから3回目の引っ越し後は、
ご近所さんの付き合いが怖くトラウマになっており、
しばらく近所付き合いもしてきませんでした。

ところが子どもの事で
近所の方と話さなければいけない機会が増えて、
お付き合いが始まりました。

お隣さんとは会話すらなく、
挨拶もありませんでした。

1度お互いの子供同士が遊んでいて
大きな喧嘩をしてしまいました。

きっかけは、うちの子どもが嫌な事をしてしまったのです。
すぐ謝りに行きましたが、
元々ご近所さんとの付き合いが無かったので、
ぎくしゃくしてしまいました。

その時に、私は今まで自分が壁を作っていたことに気づきました。
自分が変われば相手も分かってくれるかも作戦をしました。

最初はお隣さんの子どもと
めちゃくちゃ仲良くなるように努力しました。

それから、お隣さんに子どもを通して、
小さい事でも挨拶でも話しかけるようにしました。

そうする内に、会話も増え、
今では普通に話してくれるようになりました。
近所付き合いも自分の考え方一つで変わることを知りました。

先生の信頼を取り戻した1年

私が人間関係でやってしまったのは
私が専門学校に通っていた時に
怖いと評判の先生との信頼関係でした。

元々その先生は担任の先生ではありませんが
授業の中の一つで教えていました。

そして私もその先生とは怖いと評判ではありますが、
面白い部分もあったりして
当時の私はアホキャラだったので
それなり仲が良かったです。
よくいじられていました。
クラスの友人も仲が良いと言われていました。

しかし私がある日、問題を起こしてしまいます。
それは学校を2日連続で無断欠席しました。

その2日の間にその先生の授業も入っていました。
そして学校に行くとその先生と会ってしまい、
ちょっと来いと呼び出されました。

そしてその先生は私に
お前の事、信用してたのに信頼を失ったと言われました。
これどう責任取るのと言われました。

私は逆にどうすれば良いか聞きました。
すると先生は俺の言うこと聞くか問いただしていきました。
私は信頼を失ったので聞きますと返答すると、
先生はお前煙草やめろとという命令でした。

たばこは授業と授業の休憩もでき
喫煙所で他の学科とも交流できるので、
楽しみの一つでした。
私は分かりました。と承諾しました。

その後も先生の無茶ぶりなどは
信頼を失った責任から断ることができませんでした。

そのようにして1年近くかけ信頼を取り戻しました。
卒業アルバムの撮影の時は
その先生が自ら私とツーショットで写真を撮りたい
と言うほどに回復しました。

卒業式の謝恩会では先生は
俺はお前の事大好きだからと言われました。
結果的にまた仲良くなってよかったです。
信頼関係は本当に大切だと思いました。

些細な出来事で変わっていくことも

複雑な人間社会、人間関係の中に生きる現代の私たち。
ほんの些細な出来事や誤解から、
大きな人間関係のもめ事やトラブルに発展することもあります。

しかし、だからこそ、ほんの些細な切っ掛けで修復することもあります。
何もかもダメだとあきらめる前に、
ちょっとした事を試してみませんか?

以前のような人間関係を取り戻せるばかりか、
トラブルと超えて、さらにいい関係を持てるようになるかも知れませんよ?